Translate

2016年8月28日日曜日

バリマラソン2016参加レポ☆正にRUN.FIND MYSELF-ヒロアサクラ編

初マラソンだった去年。
ブログには書きませんでしたが、実は渡航数時間前に正面衝突(交通事故)にあって打撲残りの最悪のコンディションでした。
でも、人生初のフルマラソン挑戦。しかもレース開催日が47歳の誕生日でスーパームーン(満月)、第二の故郷と思っているバリでの開催...。
自分は無信仰・無宗教・無神論者ですが、なにか運命めいたものを感じていました。
車が廃車になるほどの事故なのに生きていたし、奇跡的に走れることになった。
42.195㎞という未知の距離を走った後、何か変わるかもしれない、と割と真剣に思っていました。

…だけど走り終えてフィニッシュラインの向こう側に立った時、
「楽しかった。オレでも42.195㎞を走れるんだな~」
とは思いましたが、それ以上は正直に言って何もなかったです。
いつもと変わらない恐らく四十数回目のいつものバリ島の風景があっただけ。
生きて走れて幸せな誕生日だな、とはもちろん思いましたけどね…、
「人生観が変わったとかまだ見たことのないバリがそこにあったか?と問われたら正直なところそこまではないかもしれません」
とブログにもそう書きました。

今回、後半の25㎞を初めて本気で走り終えた今、
本気の先にしか辿り着けない景色ってのが見えた気がします。
バリマラソン2016、8月28日。
2回目のフルマラソンチャレンジの記録です。



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


メモ:マラソン出場に当たってのフィジカルコンディション:
渡航直前の体重=64.6㎏,体脂肪率=9.8%(身長172㎝)


■前半17㎞のちょっと長過ぎたアイドリング走行
バリ マラソン フル42.195㎞ バリマリン&サファリパークから午前5時にスタート
「去年同様、楽しめればイイよね♪」
心のどこかにウソをついていたのかもしれません。
スタートから17㎞までeimy店長と並走でスマホ片手に写真を撮ったり沿道で応援してくれているバリニーズたちとハイタッチを交わしながら、昨年同様のキロ=8分(時速7.5㎞)ペースでゆっくり走っていました。
下図の赤== == =のところです。
このペースで42.195㎞を走ると5時間37分33秒。
去年より10分ほど遅いです。
バリマラソン2016 フルマラソン42.195㎞ コースマップ☆ギャニアール
「去年の5時間26分よりは早く走りたい、というかまだ17㎞で残り25㎞もあるし、体調もばっちりだからペース上げれば5時間は切れるんじゃない??」
とeimy店長に話すと
「私を気にしなくていいから行きなよ。ていうか行ってらっしゃい!」
と(;^ω^)
eimy店長に「ゴール後に笑顔で会おう!」とハイタッチして、
手に持っていたスマートフォンをウェストポーチにしまい独りスピードアップ。
上図の青== == =のところです。


■17㎞過ぎから一気にギアチェンジ
ゆっくりとはいえ既に17㎞も走っています。
残りの距離は25㎞、ハーフマラソン以上の距離です。
そして熱帯の日差しがきつくなって気温はどんどん上昇していきます。
ただ、今回は体調管理がバッチリで、カーボローディングもエイドでの補給もばっちりできているので、モチベーションもテンションも高いです。
スキー場並みの物凄く急な上り坂でも前へ前へ足が出ます。
バリマラソン2016参加レポ☆正にRUN.FIND MYSELF-ヒロアサクラ編
(オフィシャルの写真より拡大)
腕時計を見てペースを暗算するとキロ=5分16~17秒(時速11.3㎞)位。
この状態でもしフルを走りきれれば3時間44分…思いっきりサブ4ペースじゃん(^^;;;ゞ
ということは、『5時間切りどころか今からでも4時間半切りを狙える!?』と欲が出てきました。



■30㎞地点。諦めるキモチと気力のせめぎあい
ちんたら走っていた去年は余裕だった30㎞地点。
この辺は美しい棚田で世界的に有名なテガラランにも近い場所…棚田にしなければならないほどの地形なのでやはり結構な勾配がありキツイです。
そして雲ひとつない熱帯の日差しで路面温度は50℃は軽く越えているでしょう。
エイドのポカリスエットを飲んでもすぐに喉が渇きます。ポカリはもう1年分位飲んでるかも。
水をかぶります。
汗なのか、水なのかもうわからない。
暑さでボケた頭の中でタイムを計算すると本当に秒単位で4時間半ギリギリ。
『別に少しペースを落として5時間切れればいいじゃん!』 と弱いココロがささやけば、
『何のために月間300㎞も走ってるんだ? 今こそその成果をみせるべきじゃ?』と強い心が。
そんな2つのココロのせめぎあいを感じながらも歩だけは淡々と進めていました。



■35㎞地点からはFINISH STRONG!の声に励まされる
25㎞~35㎞はこのコースのイチバン勾配がある場所。
膝に負担がかなりキテるし、右足の爪に違和感と痛みが出てきました。(レース後にみたら爪が2枚はがれていました)
こんなペースで長い距離を走るのは初めてだからそのうち脚がピタリと止まるかもしれない…そんな不安も出てきました。
時間は容赦なく流れていきます。
なんかのガイドブックに「バリの時間はゆっくり流れてる」って書いてあったけど嘘だよ?とくだらないことが頭をよぎりました。
この辺で抜くランナー達からは"FINISH STRONG!"と応援されます。
この言葉を聞くたびに頑張れました!THANKS! TERIMA KASIH!
エイドでポカリとともに補給したアミノ酸5500も効いてるのかな!?まだ大丈夫!
ラストスパートいくぞ!


■GOOOOOOOOAAAAAALLLLLL!!! 
41㎞を過ぎて坂を下りると直線道路に出てゴールゲートが遠くに見えてきました。
あと500~600mか…。
倒れてもいいや位の全力ダッシュ。
朝ジョグで城南陸橋をダッシュした時とかHIIT(タバタプロトコル)でバーピーを毎日続けたときの心拍を超えてます。
それにしてもこれまで人生でこれほど必死になった記憶はありません。
オレ、本気です!
DJのSELAMAT DATANG(ようこそフィニッシュラインへ!)と声がどこからか聞こえてきます。
17㎞地点からたった一人からも抜かれることもなく、少なくとも数百人は追い越して気力でのゴール。
やった! やりきった! サブ4ペースで後半25㎞を走り切ったぜ!!
バリマラソン2016参加レポ☆正にRUN.FIND MYSELF-ヒロアサクラ編
(オフィシャルの写真より拡大)


■サブ4.5達成! 
バリマラソン2016タイムは"4:29:24."でした。
(FULL MARATHON完走者1698人中149位)
サブ4.5達成 4:29:24.



■RUN.FIND MYSELF!
記録的にはサブ4とかの人には鼻で笑われそうですが、つい4年前ちょっと前まで自分はランニングは大嫌いでしたし陸上にはまったく縁のない人生を送っていました。
当時は飲んで食べて今よりも20㎏も太っていて(記事へ)走ることなんて1㎜も考えたことがなかったですしちょっと走っただけでゼーゼーしてたあの自分が...です。
4年前にダイエットのためにジョギングを始めて体脂肪率一桁まで体質改善して今に至っているわけですが、この気温35度近くの炎天下、ちんたらとはいえ17㎞を走った後、残り25kmもの道のりをキロ5分15秒のサブ4ペースで走りきれたのはキセキ。
このレースの2日後には48歳になります。年男の誕生日を目の前にして,

何でも本気でやればできるんだな

…なんか中学生みたいですがフィニッシュラインを超えて完走メダルを掛けてもらったとき、心の底から素直に思えたキモチです。
まさに今回のバリマラソンのテーマRUN FIND YOURSELF を実感。
バリマラソン2016参加レポ☆正にRUN.FIND MYSELF-ヒロアサクラ編
Thank you for supporting me , always

9月2日にこのブログを書いていますが、いまだに"嬉しい"です。
"楽しい"って感覚はその場限りですぐ終わっちゃうけど、嬉しいって言う気持ちは長持ちするんですね。
応援してくれたお客様、留守中に息子を預かって学校に送り迎えしてくれている実家の両親、バリマラソンのスタッフの皆さん、そして愛息とeimy店長、みんなに「ありがとうございました」と言いたいです<(_ _)>
応援してくれたお客様、留守中に息子を預かって学校に送り迎えしてくれている実家の両親、バリマラソンのスタッフの皆さん、そして愛息とeimy店長、みんなに「ありがとうございました」



>>eimy店長のレポに続きます





0 件のコメント:

コメントを投稿